活動レポート

二宮整体アカデミーの各種、活動レポートです。(一部抜粋)

2017年5月14日(日)月例セミナー(芦屋本部)

写真は芦屋本部2Fでの二宮先生の講習風景。写真:武島

2017年4月9日(日)月例セミナー(芦屋本部)

写真は芦屋本部2Fでの二宮先生の講習風景。写真:武島

2017年3月12日(日)月例セミナー(芦屋本部)

午後の輸気の時間は、副講師の小柳による、型を意識しながら相手の呼吸を診る練習を、腰椎4番で行いました。
次に、講師の藤山先生による、腹部第4第5の調整を、手の微妙な角度、対側の手の合わせるコツなどを交えながら、 感じることの大切さ、丁寧に診ることの大事さの説明。その後、実習がありました。

「お腹を診るとき、気の角度を感じ取って下さい。変化していく感覚を感じながら角度を見極めると、 輸気の精度が高まる」とお話を頂きました。

二宮先生の時間は、腰痛の診る方法。
多くの腰痛は腰椎4番と腰椎5番がくっついて起こっている。2側の緊張側を輸気することで、骨格を調整することが出来る。 背骨の異常は、下がっている所を診る。この下がっている椎骨でその人のウィークポイントが判る。など講義のあと、みなで下がっている椎骨を見つける実習を合掌行儀のあとの敏感な手で行いました。

その後、頭部穴追い、胸椎8番の状態を手三里を使って変化を確認する講義と実習がありました。文:小柳

写真は芦屋本部2Fでの二宮先生の講習風景。写真:武島

2017年2月12日(日)月例セミナー(芦屋本部)


写真上は二宮先生の実習風景。写真下は芦屋本部3Fの模様。写真:武島

2017年1月8日(日)月例セミナー+新年会(芦屋本部)


写真上は午前中の初等講習後半での実習風景。写真下は新年会の模様。写真:武島

2016年11月13日(日)月例セミナー(芦屋本部)

今回の講習では、今、眠りが浅くなる時期ということで、自律神経を緩めて、眠りが深く良質になるような整体技法を勉強しました。

具体的には、頭への輸気や操法、またアキレス腱への輸気や操法など。後半では上半身の打撲の調整法などを勉強しました(武島)

(写真はアキレス腱への輸気の実技を披露しながら講義する二宮進先生)

2016年10月16日(日)月例セミナー(広島支所)

少し小雨のぱらつく第三日曜日の広島にて、二宮整体のセミナーが行われました。 午前中は整体や心の話と、簡単な整体の実習が行われました。 午後からの中等講習では、指の使い方や跨ぎ等を練習した後、膝の操法、腰部活点、呼吸活点の練習を行いました。(大仲)

2016年10月9日(日)月例セミナー、(芦屋本部)

午前の初等講習では、二宮先生による輸気の講義と実習がありました。(写真は午前の初等講習で、実技を披露する二宮進先生)

午後の高等講習では、腰部活点や呼吸活点など、右の骨盤に関係する操法を練習しました。(武島)

2016年9月18日(日)月例セミナー(広島支所)

シルバーウイークの日曜日に広島道場に於いて、講習会が行われました。午前中のセミナーは参加者は少なめでした。 午後からは少し人数が増えた中、整体の輸気の練習、型練習をみっちり行いました。 整体は輸気に始まり、輸気に終わる。言葉が響きました。(大仲)

2015年8月20日(土)~22日(月)夏季特別セミナー3days(新大阪ワシントンホテル)

(準備中)
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com